新人看護師の転職「病棟から外来」

新人看護師が「辞めたい」と向き合うガイド【転職という選択】

新人看護師の転職「病棟勤務⇒他の病院の外来」で気を付けること


 新人看護師の間は、できるだけ異動をしてでも病院の病棟勤務をすることをお勧めします。病棟での経験が看護師の技術や観察力・対応力のベースになるからです。
 外来という場は、その時その時で判断や対応を求められます。入院患者と違って外来患者は帰宅してしまうし、早く帰りたいものなので「後で」がありません。ですから、その場で対応できるだけの判断力がなければなりません。
 
 また、入院した後患者がどのような生活を送ることになるのかがわからないと、外来での患者対応に幅が広がりません。外来で当日入院が決まって病棟に上げるということがありますから、病棟とは切っても切れない関係にあります。その時に病棟の事情がわからないと、どこまで外来で進めてから入院すれば良いのかがわかりません。患者へある程度のことは説明しておかないと、入院後に「聞いてなかった」となりますし、連絡のタイミングも含め、病棟の必要としていることがわかりません。
 ですから、まずは病棟で入院から退院までの一通りの経験を積んでから外来に降りてくることが望ましいですね。一人の患者の流れがわかりますから。
 
 また、外来では処置室に配属されない限り、処置から遠ざかってしまいます。それでいて、久しぶりにする時には替わってもらえる人が周囲にいないことがあります。ですから、技術面でもそれなりに経験を積んでからでないと、看護師としてのスキル不足になります。
 いつからでも技術の勉強はできますが、やはり外来という場は一定のスキルを身につけた後で行く場所です。

 それが更に別の病院の外来というと、もっと働きにくくなるでしょう。同じ病院の入院と外来では、入院後のことがわかりますので、外来で患者に説明するときにも役に立ちます。特に外科外来にいて、外科病棟の勤務経験があると尚良いです。どの部屋がどのような位置にあるかを知っていると、入院患者の連絡をする際に、どこを押さえてもらえばよいかを伝えることもできます。
 人的なネットワークも、同じ病院内にいれば活かすことができます。他部署に知った顔がいるのは、それだけで安心するもの。それが他の病院の外来に転職してしまうと、いきなり病棟と外来の流れもわからず、知り合いもいないということになりますので、余計に働きにくくなるでしょう。
 
 どうしても新人時代に他の病院の外来へというのであれば、自分から知識も技術も未熟であることをアピールして、極力勉強できる環境に置いてもらうべきでしょう。また、意識的に自己学習をしないといけません。病棟と違い、どこの外来も新人を受け入れる場所ではありませんから、プリセプター制や新人教育は整っていません。その中で成長することができるかは自分次第ということになります。
 また、新人時代の転職理由からすると、周囲の目は厳しいでしょう。それも覚悟の上での転職をすべきで、安易に外来に行ったからといって仕事が楽になる訳ではありません。

 

新人看護師の転職パターン

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る