新人看護師の転職「病棟勤務⇒介護・老人・福祉系施設」

新人看護師が「辞めたい」と向き合うガイド【転職という選択】

新人看護師の転職「病棟勤務⇒介護・老人・福祉系施設」で気を付けること


 新人看護師でも介護・老人・福祉施設に転職を考えている方もいるでしょう。
最初に配属された病棟でうまくいかなかったという事だと思いますが、そのうまくいかなかった理由は何でしょう?
 人間関係なのか、それとも疾患の勉強なのか、その日の受け持ち患者の多さなのか…これらが施設への転職で改善されるかよく考えてみましょう。

 人間関係はどこにいってもついてまわるもの。しかし、どうしても合わない人がいるのもまた事実。頑張りすぎて自分がストレスを抱えてしまうのなら、その人から離れることも必要です。ですが、それが理由であるなら、病棟を変えてもらう等して新人に向いている職場に異動するべきです。

 疾患の勉強がついていけないのであれば、施設に行っても入所している人の疾患や投薬管理はできません。看護の仕事で勉強から逃れられる場所はありません。勉強してから来ていると思われるので、一つ一つの判断は本人任せで手とり足とり教えてくれることはありません。
 むしろ介護士と一緒に仕事をするので、判断を求められる立場になります。状態の悪くなった患者がいた時、何が起こっているのかを考え、どう動くかの判断を自分がしなくてはなりません。急きょ病院に受診することが必要になるかもしれませんし、家族を呼ぶ必要があるかもしれません。夜間であれば、明日の朝まで様子を見ていられるのかの判断も必要です。
 
 受け持ち患者が多くて回らないというのであれば、それも施設に転職することが解決策にはなりません。介護面の仕事が多い施設では、できるだけ体交やオムツ交換、入浴介助は介護士が担当します。その分看護師はフロアで数人しか配属されておらず、場合によっては30人を受け持つこともあります。
 
 自分が転職を希望した理由は、施設に行けば解決できる問題でしょうか。それを良く考えずに安易に転職をしてしまうと、とても危険です。看護のベースが出来上がっていない間に、新人教育をしてくれない場所に行ってしまうと、何かあった時に守ってもらえません。ミスをしても自己責任を強く問われてしまいます。
 
 自分が今転職して、その部署で求められる仕事ができるのか良く考えてみましょう。看護の仕事から離れるよりは良いのですが、今の職場が大変ということであるなら、施設への転職ではなく、病院の中で他の部署へ異動する方が無難です。退職されるくらいならと、看護部も大抵異動の希望は取り入れてくれるでしょう。
 急性期病棟が性に合わないという場合でも、まずは看護の基礎を作ってから施設への転職を希望した方が良いでしょう。

 転職は、自分の可能性を広げるもの。するのであれば、逃げるための転職ではなく、攻めの転職をしましょう。

 

新人看護師の転職パターン

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る